吉本歯科医院の歯を抜かずに残せる条件

繰り返す虫歯治療や歯周病の進行、または過剰な噛む力により「歯を抜かなくてはいけない」という抜歯宣告を受けることがあります。歯を抜かなくてはいけないという状況になり大変なショックをお受けになられる方は少なくありません。本当にこの歯は抜かなくてはいけない状態なのか?もし抜かずに歯を残すことはできないだろうか?と誰しもお考えになると思います。歯を抜くしか方法がないのか、歯を残せるのか?その診断は先生によって診断の基準が違うということがあります。誰にどんな診断を受けるのか?ということがとても重要なポイントとなります。吉本歯科医院では四国では唯一の接着歯学認定医である吉本彰夫が行う特殊接着封鎖技術による歯科治療を行っております。この特殊技術により他医院では「ほぼ100%抜歯」と診断された歯でも歯を抜かずに残すことに多く成功しています。吉本歯科医院では歯を抜かずに残せる条件として「その歯の根っ子を乾かせるかどうか?」が判断基準となります。歯が弱っているかどうかではなく、歯の根っこを確実に乾かすことができるかということです。「乾かすことができる」ことが特殊接着封鎖技術において最も重要なことであります。乾かすことができるなら歯を抜かずに治療を行うことが可能です。歯を抜かずに残せるかどうかという判断は、患者さんご自身では判断がつくものではありません。まずは、「私の歯を抜かずに残すことができるのかどうか?」というご相談を頂ければと思います。下記には、「こんな場合には吉本歯科医院では歯を残すことができず残念ながら抜歯という治療方法になる」というケースをお話しています。どうぞご参考になさってください。

歯を抜かなくては危険な4つのケース【吉本歯科医院での判断基準】

①歯を支えている骨がなくなってしまっている場合

歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてなくなってしまっている場合には、残念ながら歯を残すことはできません。歯を支えている骨つまり土台となる支えがないわけです。歯科医院で抜歯処置をしなくても、毎日のお食事や寝ている間の歯軋りなどで勝手に抜けてしまうケースもあります。

歯の構造は3分の1程度の見えている部分以外は歯槽骨の中に埋まっているん。歯の頭があり、歯の根っこがり、周りを硬い骨で覆っているのです。歯そのものを支えている骨がなくなってしまった場合、残念ですが歯を抜かなくてはいけません。抜かなくてもそのうち歯が揺れ始めて勝手に抜けていく方もいらっしゃいます。たとえば砂の中に棒が刺さっていると想像してみてください。

砂がしっかりしていれば棒は安定しますが、棒がグラグラと揺れだして砂が崩れていくと、ある程度砂が崩れてなくなってしまった場合には歯は抜けてしまいます。

歯そのものの強度はしっかりあり、歯が硬い状態であったとしても、土台となる歯を支えている骨がなくなってしまってからでは残念ながら歯を抜かずに残すことは不可能なのです。

②歯茎よりも下で歯が割れている場合、折れている場合、無くなっている場合

歯茎よりも下で歯が割れている場合、歯が折れている場合、歯がなくなっている場合には歯を残すことはできません。歯の中を詳しくお話します。あなたは過去に歯の神経治療をされたことがあるますか?

上の写真は見えているのは歯の頭部分です。歯の下には歯の根っこがあります。歯の根っこの中には神経・血管が通っているんです。歯の神経治療をする場合、この歯の見えている歯の頭部分が邪魔になります。ここが邪魔になるので歯の神経治療をする時にはまず歯の頭をスパッと落とすのです。するとこんな風になります。

歯の頭をスパッと落してみるとこのようになります。これが歯の神経・血管の入り口です。実はトンネルのようになっています。これが歯の神経の入り口です。

上の図は歯の断面です。歯を支える歯槽骨がまずあり、骨の中に歯の根っこが植わっているんです。この根っこの中を針のようなも器具を使ってきれいにするんです。かぶせを歯を入れようとした時に、支えるところがないと安定しないため杭(くい)のうようなもの作り杭(くい)を穴の中に差し込むということをします。そこで土台ができます。

土台を作ることができ被せ物を入れ、接着材で留めるということができます。この時、接着材で留めていきますので、上の写真のように歯茎よりも上にご自身の歯がないとくっつかないのです。接着材で留められないから、です。歯茎よりも上にご自身の歯が残る状況をつくれるかどうか、これが大事です。歯茎より下の部分、骨の中で折れてしまっている歯を抜かずに放置しておくと、折れた部分から細菌がどんどん侵入してきます。折れた部分は乾かして封鎖することができませんのでどんなに薬を入れても細菌は入り放題です。折れた部分から入り込んだ最近は歯だけでなく歯を支えている骨、周辺の骨までも溶かしていきます。この状態は大変危険です。放置しておくとその歯だけでなくその歯以外の骨周辺まで大きく溶かしはじめます。お口の中の細菌は目には見えませんが確実に侵入してきています。残したいあなたの歯が歯茎よりも上に歯が残る状況を作ることができるかどうか?ここがポイントになります。

③歯の根っこが縦に割れている場合

歯の根っこが縦に割れている場合、歯を抜くしか方法はありません。過剰な噛む力が日常的に加わった時、まき割りのような力がかかっています。

歯の根っこが割れてしまった場合、歯を抜かずに放置しておくと大変危険です。割れた根っこから細菌が侵入し神経、血管を通りその歯だけでなく周辺の歯を支えている骨まで溶かしはじめるます。はやめに抜歯されることをおすすめします。歯の根っこが割れてしまった歯には支えとなる芯棒を立てようと試みても、割れがさらに広がりどんどん周りの骨を溶かしていきます。早く抜いてあげないと、どんどんどんどんただ歯を失うだけじゃなく骨まで失うことになりますので、これは早く除けてあげる(抜歯する)必要があります。

④歯の根っこのが曲がっている場合

歯の根っこが湾曲し曲がっている場合には細菌を殺す薬が辿り着けない場合があります。この場合には歯を残すことが難しいケースもあります。吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術により歯を残せる場合もございます。(診断が必要です)

まっすぐな歯の根っこであればスムーズに器具が入ります。まっすぐに器具が入りますのできれいに掃除をすることができます。しかし、歯の根っこが曲がっている場合には器具を斜めにまっすぐ入れると途中で止まってしまうわけです。当然、そこには汚れが残ります。ばい菌を取り除くことができませんので痛みが出たり、ばい菌が繁殖して膿んできたりということが起こってしまうわけです。一生懸命真面目に頑張る先生ほど、これを頑張って治療しようとするわけです。更に更に奥に突き進めてしまうんですね。突き進めてしまった結果この曲がった根っこを突き破ってしまう。こういったことは日常的に起こってます。歯の根っこを突き破ってしまうと残念ながら、そこには肉や骨がありますので出血してきます。出血してくると、吉本歯科医院で行っております特殊接着封鎖技術で重要なポイント「乾かす」ということができないんです。穴があいたので「穴を塞いだらいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、穴を塞ぐということができないんですね。出血によって間に隙間ができてきてしまいます。またばい菌を殺す消毒薬をここに持ってきても、その穴からそのお薬が溢れ出してしまう。残った狭い空間にいるばい菌に到達するのではなく、ご自身の骨や肉を溶かしていくということになりますので、残念ながら消毒薬を何回交換しても狭い所にいるばい菌には、ばい菌を殺すお薬がたどり着くことができないということになります。歯の神経治療を何度も繰り返しているけれど痛みが治まらない場合などは、まずはおはやめにご相談下さい。吉本歯科医院の特殊接着封鎖技術により歯を残せる場合もございます。

歯を残す条件まとめ

①~④以外のことに関しては、吉本歯科医院では歯を抜かずに残せるケースがほとんどですのでまずはご相談いただけたらと思います。歯を抜かなくてはいけないと診断された場合は「本当に抜かなくてはいけない歯なのか?」「残せる方法はないのか?」とまずは考えて下さい。そして、きちんと診断をお受けになりもし、残せない場合、残しておくと危険な状態な場合にはすみやかに抜歯をし、残せる場合には、歯を残す治療をお受け下さい。歯を抜かずに残せるかどうか、診断はどこの歯科医でも同じではないということを知って下さい。診断が変わればその後の治療はまったく違うものに、なるのです。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。