吉本歯科医院では可能な限り歯を削らず薬で治し神経を残す治療を行っています。削らない治療をお話する前に、一般的な虫歯治療が一体どういったものなのかをお話しなくてはなりません。

あなたは今まで、歯が痛い、虫歯ができたと思った時、どんな治療を受けてこられましたか?多くの方が「虫歯である悪い部分、黒くなった部分は大きく削り取ってもらい、削った部分は型取りをして被せ物をペタンと被せて蓋をして治療が終了」という体験をされているのではないでしょうか?

そして治療が終わったら「ああ、これで虫歯は治ったからもう大丈夫」と思っているのではないでしょうか?実はこのプロセスの中に虫歯が再発する原因があるのです。一度治療した歯は、虫歯が再発しやすい状態になる、その事実を患者さんはあまりご存じありません。現在、日本中のほとんどの歯科医院で行われている虫歯治療はあなたがよく知っている虫歯部分を大きく削りとって被せ物でフタをするという治療です。あなたが今まで受けてこられた従来型の虫歯治療dす。

歯を大きく削り取るのでもちろん、痛いです。痛いから麻酔の注射が必要です。虫歯を削り取った後、穴があいた部分には型取りをした被せ物をかぶせます。しかし一度削った歯と被せ物の間を完全に封鎖することはできません。どうしても隙間ができてしまうのです。

 

どうして隙間ができてちゃいけないのか?と思われますよね?

どんなに毎日の歯磨きできれいに掃除をしていたとしてもお口の中には絶えずバイ菌が存在しています。

口の中のバイ菌は歯と被せ物の隙間から内部へ侵入します。ばい菌はもちろん目には見えません。しかしばい菌の内部侵入はずっと起こっています。そして、ばい菌が内部まで侵入しきった段階でまた「歯が痛みはじめる」ということが起こるのです。

これが虫歯の再発です。治療したところが何度も同じように虫歯ができて痛みはじめるのです。歯が痛み出すのはそこにばい菌があるから、です。これが一度治療した歯が再発してしまう仕組みです。

例えばもしあなたが「虫歯ができたかな」「歯が痛いなあ」となった時を想像してみてください。「歯が痛い」とお感じになった時、あわてて歯医者さんに行かれますよね?

歯医者さんでじはあなたのお口の中の虫歯部分を歯医者さんや歯科衛生士さんが確認します。「お口の状態を確認しますね」と言われ診療イスを倒しお口の中の虫歯の進行状態を確認するのです。

 実は虫歯にも進行段階というものがあります。

CO(シーゼロ)からC4(シーフォー)までがあります。

Cとは「カリエス(虫歯)caries」の頭文字です。

CO(初期虫歯)表面のエナメル質が白濁色になっている状態です。

C1(初期虫歯)

C2(穴が空き黒くなっている)

C3(歯髄(歯の神経)まで虫歯が到達)

C4(歯根だけの状態)

C1の段階の虫歯になるとほぼ「歯を削る治療」になってしまいます。日本の保険診療で行なう一般的な虫歯治療C0以外はまず歯を削る治療になります。COの段階であっても虫歯を削って治療をされる先生もいらっしゃいます。あなたの虫歯の段階がC1以上だった場合、虫歯部分を含め大きく歯を削り取りますキュイーンというドリルを使って歯を削り取るのです。歯を削った後、補うための被せ物や詰め物を入れるための型を取ります。粘土のような石膏をお口の中に入れ、型を取ります。取った型により出来上がった詰め物や被せ物をかぶせてフタをするたえに歯のまわりの唾液を水で流し、風でシャーッと乾かします。最後は被せ物に接着剤をつけてペタンとフタをする。これが一般的な虫歯治療の流れです。

あなたも過去にこのような歯の治療を受けた経験がおありになるかと思います。しかし、実はこの治療の流れに何度も虫歯が再発する原因があります。ドリルで虫歯部分を大きく削り取り詰め物や被せ物でふたをした後、しばらくすると必ず同じ患者さんが「歯の詰め物が取れた」「歯の被せ物が外れた」「虫歯治療した部分が痛い」とおっしゃられることになるのです。それは過去に治療した部分が再度虫歯になっているんです。再治療をする場合には、せっかく詰めた被せ物や詰め物は外し、再度虫歯になった部分をもう一度削り取ることになります。数年後にはまた再発することがわかっていて治療をしなくてはいけません。ではなぜ日本では、歯を削る治療が一般的になってしまっているのかをお話します。

日本で行われている虫歯治療は「悪い部分は削って詰めて治す治療」が一般的です。

あなたも今まで歯が痛くなり虫歯になった時には歯医者さんに行って「悪い部分を削って詰める」という治療を当たり前のように受けてこられていると思います。歯を削るのが当たり前、歯の神経を取るのが当たり前、それが今の日本の歯の治療です。では、どうしてそのような治療が一般的に行われているのか?その理由をご存じでしょうか?その理由は日本の保険制度にあります。現在、日本の保険制度においては、私たち歯科医師は「悪い部分を削って詰めて治療する」という行為しか保険では認められていません。認められていないので当然、日本では虫歯ができて歯医者さんに行けばほぼ9割は「歯を削り取って治療する」ということになります。日本で行う保険診療において虫歯治療は「悪い部分を削って詰めて治す」治療しか認めてられていないのです。まずこの事実を知って下さい。

ご存じのように日本には国民皆保険制度という制度があります。皆様がお持ちの保険証ですね。

この保険制度により私たち日本国民は治療費の一部(1割~3割)を負担するだけで治療が受けることができます。国民皆保険制度により毎月きちんと保険料を支払っている国民でれば誰でも保険治療を受けることが出来るというものです。国民皆保険制度により私たちはお医者さんや歯医者さんに行く場合、医療保険を使って治療を受けることができます。この医療保険では「この治療は◯点、この検査は◯点、この処置は◯点」といったように行なった処置に対してそれぞれ診療報酬点数が細かく定められています。どんな薬を使ってどんな治療でどんな工程でというのは保険診療制度により国が細かく細かく定められているのです。保険診療を主体に治療をを行っている医院では診療報酬点数がそのまま医院の収入となっていきます。この日本の保険制度は世界的に見ても治療費が格安になる保険です。海外に在住された体験がおありになる方は、このことをご存じかと思います。世界的に見ても格安で治療が受けることができる日本の保険制度には数多くの「問題」があるんです。それは日本の保険制度の考え方です。日本の保険制度の考え方とは「国民全員が最低限の治療を受けられるようにすること」を目的として作られたものです。ポイントは「最低限」という言葉です。制度が制定されたのは今から約50年前、戦後まもなく物資が少なく歯の治療にあてられる材料などほとんど無かった時代に作られた「最低限の治療」なのです。つまり、保険治療で認められている治療技術や材料や薬剤は「国が定めた最低限の治療内容」という注釈がついたものに限られています。「では保険で良い治療は受けられるの?」ということになりますが答えは「NO」です。まさか、国が認めているのだから、そんな危険なものはないでしょう?と思われると思います。しかし、現実にはどうでしょう?国が決めたもので果たして全てが「安全」かどうかは、昨今のニュースを見ていれば一目瞭然です。歯科においても、保険治療の弊害は出ており、「保険の詰め物が原因で金属アレルギーになった」「何度も何度も同じところが虫歯になる」「歯周病で歯を失った」などなど数えあげればきりがありません。保険診療で虫歯治療を行う場合には、どんな虫歯であっても歯を削って詰める治療しか行うことはできません。国がそのように定めている通りに行わない治療は診療報酬点数にはならないから、です。このような理由から日本では「悪いところは削って除去し詰める」という治療法が一般的なのです。これが日本で歯を削る治療や歯の神経を取る治療が一般的な治療としてあたりまえのものとして浸透している理由です。

現在、日本の多くの歯科医院であたりまえに行われている虫歯治療は「悪い部分は削り取り被せ物でふたをする」治療法です。一般的な歯医者さんで行う虫歯治療は虫歯を大きく削り、さらに痛いというのが一般的です。どんなに麻酔の注射を上手に打ってくれて、痛みを軽減させることができたとしても虫歯になり悪くなった歯を大きく削り取るわけです。そして大きく削れば削るほどあなたの歯はどんどん少なく減っていきます。

さらに、虫歯治療が終わりました、といってもその治療した虫歯は完全に治ったとはいえないのです。バイ菌が歯の神経近くまで到達してまうとまた痛みが出はじめるのです。そういう体験をされた方はきっと多いと思います。

そうなると「歯の神経を取る(抜髄治療)」という治療しか選択肢がなくなってしまうのが一般的です。

吉本歯科医院で行っている、歯を削らずに薬で治す虫歯治療はあなたが今まで受けてこられた一般的な歯を削って詰めて治療する虫歯治療とはまったく考え方が異なります。一般的な虫歯治療が「歯が黒く変色した悪いところをすべて削り取ってしまう」という外科的発想だとお考え下さい。そして吉本歯科医院で行っている削らずに薬で治す虫歯治療は「バイ菌だけを薬(抗菌薬)によって死滅させる」という内科的発想の治療法とお考え下さい。この治療法により吉本歯科医院では開業以来、四国各地からお越し下さる患者さんの歯の神経を抜かずにすんだり、歯を抜かずにすんだりといったことに数多く成功しています。歯は安易に削ってはいけません。虫歯になったからといって虫歯部分を大きく削り取ってしまうことでから歯の神経に近くまで削られて、痛みがではじめるのです。削るから歯の神経に近くなって痛みが出始めるということがわかっているけれど、削るしか治療方法は認められていないがゆえに、どうしても歯を大きく削って治療をしてしまうことになるのです。

治療した歯が再度痛み出してしまったなら「歯の神経を取る」という治療方法しか選択肢はありません。歯の神経を取った歯は枯れ木と同じです。神経を取るということは一緒に血管も取ってしまうということを意味します。血管も取り除くわけですからもちろん歯には栄養がいきわたりません。神経を取った歯の強度はなんと10分の1まで落ちるのです。10分の1の強度になった歯で今まで同じようにお食事をして噛んでいると必ずポキリと折れたり割れたりといったことが起こります。そうなってしまうと、最後は「抜歯」です。そう、歯を抜かなくてはいけない、ということになってしまうのです。歯を削らず薬で治し歯の神経を残す治療方法があることを、その選択肢があることを知って頂きたいのです。歯の神経を取るメリットデメリット

吉本歯科医院で行っている、歯を削らず薬で治す虫歯治療の考え方をお話します。歯がなぜ痛むのか?そこにばい菌が存在するから、です。

痛みの原因となっているバイ菌に微量の薬剤(抗生物質等の抗菌薬)を塗布し、封鎖を行なうことにより菌を死滅させるという特殊な治療法です。歯の神経にばい菌が到達しているような虫歯であったとしても菌を死滅させることに成功すれば歯の神経を抜かずに残すことができます。従来の一般的な歯科医院での虫歯治療であればバイ菌が神経にまで到達している場合にはほぼ100%「歯の神経を取る」抜髄という治療しか選択肢はありません。

ばい菌がそこにあるから歯が痛いと感じるのです。

ばい菌を死滅させてバイキンが歯の中からいなくなれば痛みはうそのように消えます。症状が軽くなるのです。また一般的な虫歯治療では虫歯になってしまった歯の象牙質部分は大きく削り取ります。しかし吉本歯科医院の虫歯治療は虫歯になってしまった歯の象牙質部分を削り取るということをしません。軟化象牙質を削らないため菌を死滅させて菌がいなくなった後は歯の内部修復がはじまるのです。歯の神経を取っていないので歯の強度も激減しません。一般的な歯科医院では確実に「歯の神経を取る治療」になってしまう場合でも吉本歯科医院では「歯の神経を残す治療」を行なっています。歯の神経を取らずに済む治療は歯の寿命を延ばすということを意味します。歯の神経を取るメリットデメリット

一般的な虫歯治療であれば確実に歯の神経を取るしか方法がなかった歯であってもバイ菌を殺すことで歯の神経を殺さず生きたまま被せ物でふたをし完全封鎖をすることができています。歯の神経を取らずに済む治療は、歯の寿命を延ばすということを意味します。吉本歯科医院で行っている治療は病巣無菌化(ばい菌を死滅させる)した後、特殊接着治療により完全封鎖を行うという技術になります。病巣無菌化と特殊接着封鎖技術は非常にこまやかな治療工程の手順で行われます。吉本歯科医院の院長、吉本彰夫は(一社)日本接着歯学会認定医による特殊接着封鎖技術による治療を提供しております。開業以来17年の治療の中でそのほとんどの症例で無菌化に成功しています。日本接着歯学会認定医は四国では吉本歯科医院の吉本彰夫のみです。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。