ブリッジの部分が物が食べられないほど痛い!

ブリッジがグラグラ動いて噛めない|香川県高松市の削らないブリッジ治療なら吉本歯科医院

香川県 高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

過去にブリッジ治療をした部分がグラグラ動きだし

痛くてとても噛めない、というご相談は非常に多いです。

ブリッジ治療の大きなデメリットは
両隣の削って支えにしている健康な歯に
大きな負担がかかってしまう
ということです。

抜歯しない・削らない歯科治療なら香川県高松市の吉本歯科医院

本来の何倍もの大きな負担がかかってしまうと
いうことです。

しかし
両隣のご自身の歯で噛む力を受けているわけですので
歯茎そのものにはあまり力がかかっていません。

比較的大きな力がかかってはいても
「痛い!」というところまで感じないのです。

そこが大きな落とし穴でもあります。

またブリッジは入れ歯のように
取り外しを行わないため見た目は自分自身の歯と同じです。

ですので違和感を感じません。

そういった意味で安易に
歯を抜いた後にブリッジを選択される方は
非常に多いです。

しかし
そのブリッジにも限界がやってきます。

グラグラしはじめたり
痛みがではじめた時には
もう手遅れである場合が多いのです。

手遅れとは
ブリッジを支えていたご自身の歯(削られた健康な歯)が
ダメになっていくのです。

歯の根っこを支える骨が溶けてしまったり
歯の根っこが割れていたり
欠けていたり
といった状態になっているケースが非常に多いのです。

ブリッジがグラグラして噛めなくなったんです。
ブリッジが外れそうで噛むと痛いんです。

というご相談でお見えになった場合
その多くはブリッジを支えていたご自身の歯の根っこが
折れていたりダメになっている場合がほとんどです。

そうなった場合には
もういよいよ歯を抜いてしまわなくてはいけない
ということになります。

ブリッジをすると
隣の健康だったご自身の歯が揺さぶられ
根っこごとダメになってしまうという
ことなのです。

そのことを
多くの方がご存じありません。

ブリッジ部分がグラグラになって噛めない状態にまでなってしまうと
その次には
歯を抜いて
入れ歯という選択になります。

 

ブリッジ治療を選択される場合には

出来る限り歯を削らずにすむ接着ブリッジ治療をおすすめします。

接着ブリッジとは
歯を削る量がとても少なくて済む歯冠修復法
です。

吉本歯科医院には「接着ブリッジ」治療を求めて
多くの患者様が四国各地より来院されておられます。

歯を削る量が少なければ,
将来抜かずに治療でき,抜歯になる時期を大幅に遅らせることができ,
よく噛めて元気に生活することができます。

通法だと50歳で抜かなければならなくなる歯の寿命を
70歳ぐらいにまで延命させることができます。

歯は一度削ってしまえば元には戻りません。
最初の治療が肝心なのです。

接着ブリッジで治療した部位がダメになっても,治療するのに十分な歯が残っています。
10年以上かけて何回かやり直ししたとしても,
ようやく通法の削除量になります。
その分高齢になっても歯の根っこが残ることになります。

つまり取り外し式の違和感の大きい入れ歯ではなく,
カブセでシッカリ噛める為には土台となる歯を残す必要があるのです。

最初の治療で通法を選択してしまうと,
歯が抜け落ちるのも時間の問題になります。

接着ブリッジは次のような場合に適応できます。

①健康な歯を大きく削る通常のブリッジ治療に抵抗がおありになる。
②インプラント治療は恐怖心があるので嫌だ
③失った歯に隣接する歯が健康である
④入れ歯の「見た目」がとても無理だという方

歯を抜かないといけないと診断をお受けになられた方
入れ歯は選択したくない
ブリッジは歯を削りたくないという方は
まずはご相談下さい。
吉本歯科医院の削らない治療法・接着ブリッジ

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。