危険!夜の歯軋り、食いしばり

香川県高松市
かみ合わせ専門歯科医院
吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

何もしていないのに奥歯が痛いんだ
という患者さんがご相談にお越しになられました。

うがいをする時も歯がしみて痛い
食事をしていない時で奥歯がじんじんと痛い状態。

奥歯が痛んだ原因は
「かみあわせ」でした。

歯にとって
一番の破壊力は
夜寝ている間の噛み締め

食いしばり、です。

 

夜間、寝ている時というのは
私たち人間は無意識に
ギューッっと噛み締めています。

その「ギューッ」という強力な噛む力が毎晩積み重なっているんです。

今回この患者さんは
強く噛む力で

他の歯の高さが噛む力でどんどん低くなっていっていました。

 

過去に神経を取ってしまっていた奥歯は
金属の土台でがっちり固定されていて動かなくなっていたんです。

 

金属の土台でがっちり動かず固定さえてしまっているため
金属で固定された歯の高さが他の歯より高くなってしまいます

金属で固定された歯は、
他の歯よりも高さが高いため、

ひとつの歯だけ当たりがどんどん強くなります。

奥の1本の歯だけが

かみ合わせの高さが高くなってしまっていたんです。

1本の歯だけかみ合わせの高さが高くなってしまうと
当然当たりが強くなり破壊されます。

歯の根っこを覆っていた歯根膜が炎症を起こしてしまっていたんですね。

ズキズキと歯が激痛になる原因は「咬み合わせ」だったんです。

 

歯が痛くなる原因は
ばい菌だけでは、ありません。

 

噛み合わせが原因で歯は簡単に破壊されます。
虫歯のように穴があいたり
歯が割れたり折れたり
するんです。

 

歯の治療でも最も重要なことは
かみあわせ、です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。