歯が縦に割れていると診断を受けた場合

歯が縦に割れている歯根破折|高松市の歯を削らない治療なら吉本歯科医院

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯が縦に割れていると診断を受け「治療をしてみるが、治療の途中で抜歯になるかもしれない」と言われることは

よくあります。

 

歯の亀裂、歯のヒビ、歯が割れている等の場合

痛い!という自覚症状がない方がほとんどです。

噛むと鈍い違和感がある・・とお感じなる方もいますが無自覚の場合は多い。

歯が縦に割れている歯根破折|高松市の歯を削らない治療なら吉本歯科医院

亀裂が入って部分を上から見てみると

こんな風になっています。

痛くもかゆくもないのに、抜歯するなんて・・・と思われる患者さんがほとんどです。

歯の縦割れで抜歯するかしなくていいかの判断

できれば歯を抜かずに残したい、そう思います。しかし、抜歯しなくてはいけない状況の場合もあります。割れてしまった歯を抜かずにおいておく危険性も知って頂く必要があります。

縦割れした歯がどの部分で割れてしまっているかによって抜歯しなくてはいけないのか?抜かずに残せるのか?という判断基準となります。

歯が縦に割れている歯根破折|高松市の歯を削らない治療なら吉本歯科医院

上の図のように、

歯の根っこの上側で縦に歯が割れてしまっている場合は補強し抜かずに保存できる可能性があります。

しかし、一度ひび割れてしてしまった歯は非常に割れやすくこれ以上亀裂が深まらないように全体を被せて補強したり破壊防止用のマウスピースを夜間に装着するなど

力に対して予防する必要があります。咬み合わせの調整も必要です。

歯が縦に割れている歯根破折|高松市の歯を削らない治療なら吉本歯科医院

次にこの上の図のように歯の根に縦にひび割れが起こってしまっている場合は残念ですがほぼ抜歯診断となります。

歯のヒビ亀裂の隙間からばい菌は入り放題ですので歯の根や神経、骨にまで細菌が感染していってしまう危険性があるいます。

抜歯診断を受けた歯を抜かずに放置してしまうと、歯を支えている骨部分にまでばい菌が感染し、土台となる骨が溶けてしまう場合もあります。

痛いといった自覚症状はまったくなくてもレントゲン写真で撮影すると骨がどんどん溶けてしまっているというケースもあります。

吉本歯科医院で「歯を抜かないといけない4つの場合」

①歯を支えている骨が無くなってしまっている場合

②歯茎よりも下で歯が割れている、折れている場合

③歯の根っこが縦に割れている場合

④歯の根っこが曲がっている場合

上記の4つの場合以外は一般的な歯科医院さんで「抜歯診断」を受けた場合で歯を抜かずに治療することができることがあります。抜歯診断を受けた方はまずはご相談下さい。

歯を削らないブリッジ治療なら香川県 高松市 吉本歯科医院|接着ブリッジ治療

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。