歯をなるべく残す治療を受けたい

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯をなるべく残す治療|高松市の歯医者なら吉本歯科医院

このようなご相談で県外より吉本歯科医院にお越しになられた40代の女性です。

通院している歯医者さんで定期検診で行った時のことです。

左側の奥歯部分の歯が折れているので「歯を抜くしかない」と診断を受けました。

その歯は、ここの歯医者さんで4年前に虫歯治療をしている歯で

歯の神経を取って被せ物をしている歯でした。

痛みや腫れなど自覚症状は全くないのに「歯を抜くしかない」と先生に言われ

驚かれあわてて吉本歯科医院を探してお越し下さった方です。

 

この歯を抜かない方法があるのであればその治療方法を知りたい

ということでした。

 

患者さんのお気持ちは

「定期的に通院してメインテナンスしてきたのにいきなり抜歯??」

「歯の掃除は電動歯ブラシとフロスなど使って1日3回きっちりやってきたのに」

あとは、40代という若さで歯を抜いてうしなってしまうということへのご不安です。

歯を抜いた後は一体どうなるの?もしかして入れ歯???

いろいろと不安が押し寄せてきてしまうのも当然です。

 

どうして歯科医院に定期的に通っていたのに抜歯しなくてはいけないことになってしまうのでしょうか?

これはどういうことかというと

定期的に歯科医院にメインテナンスに通っている方は虫歯も歯周病もならないように維持することができている。

そのため虫歯や歯周病により抜歯となることはほぼない。

定期的にメインテナンスに通っている方が歯を失う最も大きな原因は「歯根破折」である。

ということです。

歯の破折は盲点

破折に関しては盲点であるためなかな気が付きにくいわけです。

虫歯や歯周病はテレビや雑誌でも「歯を磨こう」「定期的に歯の掃除に行こう」と啓蒙されていますが

破折に関してはまだまだ多くの国民が知らないのが現状です。

吉本歯科医院 インプラント 治療 患者様の体験談|香川県 高松市

※8020推進財団 永久歯の抜歯原因より抜粋

そして歯根破折が起こりやすい歯とは「過去に神経を取る治療をしている歯」なのです。

歯の神経を取ってしまうとその歯は枯れ木状態となり強度は10分の1まで落ちています。

歯を抜かない治療|歯根破折による抜歯から歯を守るなら香川県高松市の吉本歯科医院

歯の神経を取らなくてはいけないような状態にしないことがまずは大事です。

破折から歯を守るために知っておくこと

 

虫歯や歯周病もなく歯は丈夫なんだという方であっても、破折により抜歯となってしまうケースはよくあります。

歯の破折に対する予防を行わなくてはいけません。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。