歯根破折が原因で抜歯診断

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

歯根破折(しこんはせつ)という言葉をご存じでしょうか?

「歯根破折(しこんはせつ)」とは歯槽膿漏や虫歯と比較すると多くの方にまだまだ知られていない症状です。

しかし実際には歯根破折が原因で「歯を抜かなくてはいけない」という診断を受ける患者さんの数は非常に多いのです。

日本人が歯を失う原因の第3位はこの「歯根破折」です。

歯根破折とは?

歯を抜かない治療|歯根破折による抜歯から歯を守るなら香川県高松市の吉本歯科医院
「歯根破折」とは、写真のように歯が根っこ部分から折れたり割れてしまった歯の状態です。

歯根というのは歯の下部、歯を支えている骨の中の事を言います。

この部分から歯が割れていき、最終的には歯の表面部分も割れてしまうことのある病状です。

歯の根まで割れている歯は抜歯になるのか?|香川県高松市の歯を抜かない治療なら吉本歯科医院

歯根破折の原因は?
歯根破折の大きな原因は、実は過去に受けた歯の治療です。

それは歯の神経を取る治療のことです。

歯を抜かない治療|歯根破折による抜歯から歯を守るなら香川県高松市の吉本歯科医院

根管治療(歯の神経治療)で神経を取っている歯は死んだ歯になります。

神経を取った歯は歯の強度が10分の1程度となり一気に弱くなっています。そして歯質は劣化していきます。

歯を抜かない治療|歯根破折による抜歯から歯を守るなら香川県高松市の吉本歯科医院

歯の神経を取った歯は死んだ歯であり枯れ木と同じです。

神経を取った弱った歯は神経血管が通っていないため、歯に栄養が巡らず枯れ木と同じような状態ですので歯根破折は非常に起こりやすくなっています。

歯の神経を抜く治療を受けた歯は歯根破折により抜歯になる可能性は非常に高くなります。

歯根破折の症状


歯根破折は内部から進行するため自覚症状としては非常に気付きにくいのが特徴です。

噛むと痛む

歯が強く痛む

神経を抜いた歯が痛む

歯茎が赤く腫れている。

といった症状が出る場合もあります。

歯根破折を予防するには

歯根破折は、神経を取って非常に弱くなった歯に強い力が加わることが原因で起こります。

歯根破折による抜歯を避けるためには歯を弱くしないことが重要です。

歯を弱くする最大の原因は歯の神経を取る治療(根管治療)です。

虫歯のたびに大きく歯を削り取る治療を繰り返していると歯の神経に近くなり痛み始めます。

痛み始めたらもう歯の神経を抜く治療しかありません。

吉本歯科医院ではそもそも歯を大きく削り取る治療を行っておりません。

歯を削るから歯の神経に近くなり歯が痛み出すのです。

歯の神経を安易に取ってはいけません。

歯根破折を引き起こさないためにも今、当たり前に受けている虫歯を大きく削って詰める治療を繰り返す負の連鎖を断ち切ることが必要です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。