治療した歯の寿命は何年か知っていますか?

歯の治療の寿命

歯医者で治療した歯の寿命は

何年くらいか知っていますか?

 

多くの患者さんはご自分が受けた歯科治療の耐久性をご存じありません。

治療する歯の寿命を知らずに歯を削って詰めたり被せたりブリッジをしたりしているのです。

 

よくある歯科医院での出来事です。

ある患者さんは歯を1本抜歯しなくてはいけない状態になっていました。

抜歯した1本の歯を補うための選択肢としてブリッジ治療を選択しました。

ブリッジ治療とは失った歯の両隣の歯を削り、

その歯を土台として人口の歯で「橋げた」のようにつなぐ治療法です。

ブリッジ治療では両隣の健康な歯を虫歯でもないのに大きく削る必要があります。

見た目は自分の歯と同じように再現されるため、

歯を失った方はこのブリッジ治療を選択されることは多いです。

しかし、ブリッジ治療を選択された方は数年後に必ず悲劇がやってきます。

その時はじめてご自分が選択した「ブリッジ治療」とはどんなものだったのか?ということを

思い知らされるのですが、もはや後の祭りです。

次のデータをご覧ください。

【クラウンブリッジの寿命】

患者さんに装着したかぶせ物が何らかの原因により、50%がダメになる年数は、
インレー(虫歯を削った後に詰める金属の詰め物) 約5年
クラウン(歯を削った後におおいかぶせる金属の被せ物)約5年
ブリッジ(失った歯の両隣の歯を削り土台としてつなぐ治療)約7年

 

この患者さんはその後どうなったでしょうか?

ブリッジ治療をするために土台にした両隣の歯が痛みだしました。

もともと神経に近い部分まで大きく削り取ってしまっているので

痛みが出た段階ではもう「歯の神経を抜く」治療しかありません。

 

虫歯でもない健康な歯を

ブリッジ治療の土台にするからという理由で大きく削り取ってしまったため

失った歯の両隣の歯の神経まで抜くことになってしまったのです。

 

これは決して珍しい話ではなく

今日も日本中の歯医者さんであたりまえのように行われている治療です。

 

今、日本中の歯科医院で行われている歯科治療の8割は

過去に行った治療の再治療です。

 

つまり、治っているのではなく「再発」が当たり前。

そして「再発」した時には過去の治療よりも事態はもっと深刻になっているというのがあたりまです。

せっかく治療した歯が

5年、7年でダメになってしまうというのが

現状です。

 

歯は削って詰めて治せばおわり

そう、考えているとあなたは将来多くの歯を失ってしまいます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。