繰り返す虫歯治療や歯周病の進行、または咬み合わせ異常などが原因で「もうこの歯は抜かなくてはいけません」と診断をお受けになることがあります。「え?歯を抜くんですか?抜いた後はどうなるんですか?」ほとんどの方がご不安になられることかと思います。抜歯と診断を受けた歯は本当にもう残すことはできないのか?歯を抜かずに治療する手立てはないのだろうか?そう、考えられると思います。

吉本歯科医院では「こんな場合には抜歯をおすすめする」という基準をお伝えしています。吉本歯科医院では四国では唯一の接着歯学認定医である吉本彰夫が行う特殊接着封鎖技術による歯科治療を行っております。この特殊技術により他医院では「ほぼ100%抜歯」と診断された歯でも歯を抜かずに残すことに多く成功しています。

歯を抜かずに残すことができる歯なのか?それとも抜かずに残して放置しておくと危険な状態になっていく歯なのか?その見極めがとても重要です。私の場合はどうだろう?と思われる方はまずはお気軽にご相談下さい。診断が違うとその後の治療法はまったく違ったものになってしまいます。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。