下記の3つの場合には残念ながら歯を抜かなくてはいけません。抜かずに放置しておくと大変危険なケースです。

①歯を支えている骨が溶けてなくなってしまっている場合

歯を支えているのは歯茎ではなくです。歯槽骨と言います。この歯を支えている骨が溶けてなくなってしまっている場合には、土台となる支えがないわけですので残念ながら歯を残すことはできません。歯科医院で抜歯処置をしなくても、勝手に抜けてしまうケースもあります。

歯茎よりも下で歯が割れている場合、折れている場合、無くなっている場合

歯茎より下の部分、骨の中で折れてしまっている歯を抜かずに放置しておくと、折れた部分から細菌がどんどん侵入してきます折れた部分は乾かして封鎖することができませんのでどんなに薬を入れても細菌は入り放題です。折れた部分から入り込んだ最近は歯だけでなく歯を支えている骨、周辺の骨までも溶かしていきます。この状態は大変危険です。放置しておくとその歯だけでなくその歯以外の骨周辺まで大きく溶かしはじめます。お口の中の細菌は目には見えませんが確実に侵入してきています。

歯の根っこが縦に割れてしまっている場合

ご自身の残っている歯の根っこが割れてしまった場合には歯を抜かずに放置しておくと大変危険です。はやめに抜歯されることをおすすめします。この歯にはは次に何か芯棒を立てようと思っても、この割れがさらに広がって、さらに周りの骨を溶かしていきますから、早く抜いてあげないと、どんどんどんどんただ歯を失うだけじゃなく骨まで失うことになりますので、これは早く除けてあげる(抜歯する)必要があります。割れた根っこから細菌が侵入し神経、血管を通りその歯だけでなく周辺の歯を支えている骨まで溶かしはじめるため大変危険な状態です。

①②③以外の場合には歯を抜かずに残せる場合があります。まずは歯科医師の詳しい診断をお受けになれることをおすすめいたします。

 

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。