歯が割れたと診断。抜歯しかない?

香川県高松市の噛み合わせ専門歯科医院

吉本歯科医院の吉本彰夫です。
歯が割れてしまい
歯を抜かないといけないと診断された経験がおありになる方は
多いのではないでしょうか?
 
歯は大きな力がかかると
割れてしまうことがあります。
わずかな力であっても
毎日のように力がかかり続けると

雨垂れ石を穿つ

ということわざ通り
どんな小さな力であっても
長い間同じ場所に力がかかり続けていれば
硬い石であっても穴をあけてしまう
という意味です。
歯が割れる原因は
歯磨きをしなかったから、ではなく
かみあわせ異常により破壊的な力
同じところにかかり続けた結果、
歯が割れてしまうのです。
日常的な噛む力により歯の亀裂が進み
ついには歯が割れてしまいます。
一般的には歯が割れると
抜歯という方法しか手がありませんでした。
しかし条件によっては
歯を抜かずに済むケースもあります。
吉本歯科医院では
こんな場合には歯を抜かずに残すことができるという基準
お伝えしています。

吉本歯科医院には「かかっている歯医者さんで
歯を抜かなくてはいけないと診断されたが、抜かずに残すことができますか?」
というご相談、とても多いです・
Aという歯医者さんでは
抜かなてはいけないと診断された
Bという歯医者さんでは
抜かなくてもいい
と診断された
いったいどっちが正しいのでしょうか?
と相談にお越し下さる患者さんもいらっしゃいます。
患者さんとしては
混乱されてしまいますよね?
大学の教科書で言えば
こういう状態になってしまっている歯は
「歯を抜くべきである」という判断基準は、書かれてあります。
しかし
実際には診る歯科医師によって
専門が違い、どの専門の立場から「診る」かによって
診断が違ってくるのです。
吉本歯科医院では、「かみあわせ」を専門とした治療を行っています。
その歯だけでなくお口は全て繋がっており
全身にも影響するという考えで治療を行っています。
その歯を抜くことで
または抜かずにおいておくことで
周囲の歯がどうなるか?
全体のかみあわせがどうなるか?
ということを診ていきます。
噛み合わせ全体をみて
この歯は残すべきだ
抜いた方がいいという判断基準を
お伝えしております。
 
吉本歯科医院で
「歯を抜かないといけない4つの場合」
 
①歯を支えている骨が無くなってしまっている場合
②歯茎よりも下で歯が割れている、折れている場合
③歯の根っこが縦に割れている場合
④歯の根っこが曲がっている場合
原因を突き止めることで

無駄な治療をしなくてすみます。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

無料メルマガ購読募集中

知っていれば歯を抜かずにすんだのに。
知っていれば歯の神経を残せたのに。
知っていれば入れ歯にせずにすんだのに。
先に知って頂くだけで歯の寿命を長くすることができる
メールマガジンを発行しています。


メルマガ登録は、無料です。