歯槽膿漏が進行していると診断

歯槽膿漏が進行していると診断を受け

「どうすれば歯槽膿漏は治りますか?」

とご相談にお越し下さる方が多くいらっしゃいます。

重度の歯周病

歯槽膿漏とは
こんな風にイメージされる方が多いです。
歯茎が腫れてしまうこと
歯磨きを怠ったために菌により歯茎が傷み
その結果、歯がグラグラしてきた
初期はたしかに
歯茎が赤く熟れたトマトのように
なっていきます。
歯茎はさわるとプニプニしています。
進行すると
そこから
歯茎が下がってきます。
よく
「なんだか最近、歯が伸びてきたんです」
とおっしゃられるのは
歯が伸びたのではなく
歯茎が下がったことにより
歯が伸びたように見えるのです。
こうなってくると
歯の根元が見えてきていますので
当然歯磨きをすると
歯がキーンとしみたり
してきます。
ちなみに
健康な歯茎はこんな感じです。
歯周病の進行
さらに悪化していくと
歯がいよいよグラグラと揺れ始めます。
グラグラと揺れが激しくなった歯は
もう既に歯を支えている骨が溶けている状態です。
歯周病について
はっきりと知って下さい。
歯周病とは
あなたの歯を支えている骨が溶けてなくなっていく病気
のことです。
そして
一度溶けてなくなってしまった骨は
掃除をしようが
プロによって清掃をしてもらおうが
元には戻りません。
一度溶けてなくなった骨を再生するという
処置を行なわない限り
溶けてなくなった骨は
元には戻りません。
 
まずはそのことを
はっきりと
お知り頂きたいのです。
こんなに恐ろしい病気にもかかわらず
日本人が歯周病に気がつかないのは
いったいなぜなのでしょうか?
それは
自覚症状がないこと
そして
歯医者さんも
「歯周病が進行しています」と
はっきり診断してくれる先生が
あまりにも少ない
ということが原因です。
では、なぜ
「あなたは歯周病ですよ。
歯周病が進行していますよ」
と教えてくれないのでしょう?
それは
歯周病を完全に治すことは
できないから、です。
手立てがないから、です。
先ほど申し上げましたように
歯周病は歯を支えている骨が溶けてなくなってしまう病気のこと
です。
一度溶けてなくなった骨は
元には戻りません。
大事なことは
いかに骨を溶かさないようにするか
なのです。
そのためには
正しい知識が必要です。
単に
歯の掃除を定期的にしていればいいだろう
歯周病菌を殺すといううがい薬を習慣にすればいいだろう
という知識では
ご自分の歯を残すことは
できません。
骨を溶かさずに守るために
歯周病の本当の原因を
まずは知って下さい。
歯周病の原因は
歯周病菌だけではないのです。
歯周病の原因の大きなものに
噛み合わせの問題があるのです。
上下左右に破壊的な力がかかることにより
歯が揺さぶられ
揺さぶられる力により歯を支えている土台である
骨は溶け始めます。
単に
歯磨きをしていればいい
というものでは、ないのです。
「定期的に歯のお掃除」に通い続けていても
一度溶けてなくなった骨は
元には戻りません。
こんなに丁寧に歯磨きをして
忙しい時間の合い間に
歯医者さんに通っていたのに
歯がグラグラして抜けてしまった
という方はいくらでも、います。
間違った方法を繰り返していても
方法そのものが間違っているため
決して結果はよくはなりません。
どうぞ知って下さい。
歯周病は骨の病気です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師。

歯周病、歯槽膿漏、抜歯や抜髄(歯の神経)でお悩みの方はまずはご相談下さい。

歯を抜かなくてはいけないと診断された方、歯の神経を抜かずに治療されたい方、まずはご相談下さい。